ゴルフ講座 ドライバー講座

ドライバーはシャフトで変わる!ゴルフ初心者向けおすすめシャフトと選び方の基本

更新日:

ドライバーはシャフトで変わる!

ドライバーできっちりとボールを捉えているのに飛距離が出なかったりスライスしてしまう。

正しい軌道でスイングしているのにボールの捉まりが悪い。そんな風に感じたことはありませんか?

それは今使っているドライバーのシャフトに原因がある可能性がありますよ。ゴルフ初心者は人に勧められてドライバーを購入することが多いですね。

しかしせっかく購入したドライバーもシャフトがマッチしていなかったら、スイングを崩してしまう原因にもなりかねません。

そこで今回はゴルフ初心者向けに自分に合ったシャフトの選び方の基本をご紹介して行きましょう。

シャフトの役割を知りましょう

シャフトの役割を知りましょう

ご存知のようにゴルフクラブのシャフトはスイング中にしなるように出来ています。

そしてそのしなる位置によってスイングの切り返しで、タイミングが取りやすくなったりまた逆に切り返しのタイミングが合わなくなったりしてしまいます。

またしなる位置によって打ち出したボールの弾道も変化します。このようにシャフトはスイングにとって重要な役割をはたすパーツです。

シャフトの役割と性能を理解しベストのマッチングを探のも上達の早道になりますよ。

そのミスショットの原因はシャフトかも

そのミスショットの原因はシャフトかも

スイングの出来上がっていない初心者が硬いシャフトを使うとしなりをまったく感じないので、自分の腕や体全体を使ってしならせようとしてしまいます。

その結果軸がブレてスイングが安定しなくなります。

また柔らかすぎるシャフトだとボールにパワーを乗せることが出来ずに、飛距離が出ず方向性も安定しません。

このようにシャフトが合っていないとクラブの性能を引き出すことが出来ないので、ミスショットが多くなり上達の妨げになります。

ミスショットはスイングとシャフトの両方をチェックすることが大切ですよ。

初心者こそシャフトにこだわりを

初心者こそシャフトにこだわりを

シャフトにこだわりを持つのは何もプロや上級者だけのものではありません。むしろシャフトによってスイングに影響を受けやすいのは初心者の方です。

ドライバーが飛ばないとゴルフが楽しくないですよね。

早く上達するためにも現在使用しているドライバーのシャフトのスペックをもう一度調べて、合わないようなら自分にピッタリのシャフトに変えるのもスイング作りの役に立ちます。

クラブヘッドの形状の見た目の好みも大切ですが、初心者こそもっとシャフトにこだわってみましょう。

シャフト選びの前に確認すべきことは?

シャフト選びの前に確認すべきことは?

シャフトにこだわるためにはシャフトのことをよく知ることが重要ですが、その前に自分のスイングのどのようなところを改善したいのか。

そして腕力が強いか非力なのか、スイングのテンポは早いかゆっくりなのかなど、自分のスイングの特徴をよく理解しておくことが大切です。

そうすれば悩みの改善につながり自分の長所を最大限に引き出せるようなシャフトを選ぶことが出来ます。

+30ヤードを実現!驚異の高反発で飛ばし屋の仲間入り

自分に合ったシャフト選び3つのチェックポイント

自分に合ったシャフト選び3つのチェックポイント

ここからは初心者が自分に合ったシャフト選びをする中で、必ずチェックしておきたいポイントを解説して行きます。

しっかりと頭に入れてシャフト選びに参考にして下さいね。

フレックス

ドライバーのシャフトの硬さはゴルファーのヘッドスピードによって設定されており、それがフレックスと呼ばれる表記です。

硬い方から順番に並べて解説して行きますね。

▼フレックス・ヘッドスピード早見表▼
フレックス 推奨ヘッドスピード 選ぶポイント
X 45m/s以上 プロや上級者でも一部のハードヒッターが使うシャフトです
S 40~44m/s 初心者でも腕力があれば使うことが出来ますがSだからと力任せに振ると、スイングを崩してしまうので要注意です。
R 35~39m/s 一般的なゴルファーに適した硬さです初心者にはRがおすすめです。
A 32~34m/s シニアゴルファーやパワーのある女性初心者向けのシャフト
L 32m/s以下 一般的女性ゴルファーに最適な硬さです。

フレックス表記には統一された基準がないので、各メーカーによって微妙に違いがあります。

購入するときは必ず試打をしてフレックスを確認するようにしましょう。

トルク

次にトルクという言葉もお聞きになったことがあると思いますが、これはシャフトのねじれ具合を示した数値です。

トルクの数値が大きいほどねじれ具合も大きくなるので、スイング中の動きに対してクラブヘッドへの反応が悪くなりますが、ヘッドが元の位置に戻りやすいのでスイングが安定しない初心者に向いています。

逆にトルクの数値が小さいシャフトはスイング中の動きに敏感に反応するので、ヘッドを操作しボールをコントロールしたいプロやパワーのある上級者に適しています。

▼トルク数値の影響▼
トルク 影響 おすすめ球質
トルク大 ねじれが大きくるとヘッドターンしやすくなり球が捕まる スライサー
トルク小 ねじれが小さいとヘッドターンが減り捕まりすぎない フッカー

キックポイント

キックポイントとはスイング中にシャフトがしなる部分を示しています。これも順番に解説して行きましょう。

先調子
クラブの先端部分がしなるのが先調子です。ボールが捉まりやすくクラブヘッドが走りやすいので初心者向きのキックポイントだと言えますね
中調子
シャフトの中間部分がしなります。少しスイングが出来て方向性を安定させたいゴルファーに向いています。
元調子
クラブのグリップ寄りがしなりダウンスイングでのタメが作りやすいキックポイントです。インパクトでロフトが立って降りるのでダウンブローに打ちやすい設計です
▼キックポイント比較表▼
調子 トルクの影響 弾道
先調子 高弾道
中調子 中断道
元調子 低弾道

あなたに合ったシャフトを選んでみましょう

あなたに合ったシャフトを選んでみましょう

それではいよいよあなたに合ったシャフトを選ぶことにしましょう。これまでの解説で自分の悩みやスイングの特徴はしっかりと把握されたと思います。

上達の助けとなってくれるシャフトをしっかりとチョイスして下さいね。

とにかくスライスを治したいなら

とにかくスライスを治したいなら

スライスに悩んでいる初心者は多くおられますね。そんなゴルファーにオススメなのがトルクの大きいシャフトです。

トルクが大きいとクラブヘッドの位置が安定します。これによりスイング軸のブレを防ぐことが出来スライス解消の手助けになってくれます。

初心者にとってはありがたいシャフトですね。

コントロール性重視なら

コントロール性重視なら

少しボールの捉まりが良くなったけど方向性が安定しない、そんなタイプのあなたには中調子でトルクが小さめのシャフトがピッタリです。

トルクを小さめにすることによってクラブの芯を少々外しても方向性がブレにくくなります。

ある程度のパワーがあってボールをコントロールしたいならおすすめ出来る組み合わせです。

ハイドローが打ちたいなら

ハイドローが打ちたいなら

初心者憧れの球筋であるハイドローボール。どうしても高弾道のドローボールが打ちたい!

そんなあなたには先調子でトルクの大きいシャフトが最適です。先調子はボールの捉まりが良くなるのでドライバーのミート率もアップします。

また大きいトルクがスイングの安定の手助けになるのでドローボールを打ちたいゴルファーにはピッタリですね。

ただしドローボールはしっかりとしたスイング作りが基本で、シャフトはその手助けだということをお忘れなく!

シャフトを合わせることでドライバーも安定して打てる!

ゴルフクラブのシャフトの重要性をご理解していただけましたか?自分の特徴に合ったシャフトはレベルアップを早めてくれる力強い味方になってくれます。

初心者のスイング作りの中でも重要な役割を果たしてくれるシャフトをもっと理解してワンランク上のゴルフを目指しましょう!
ドライバーショットもきっと安定して打てるようになりますよ。

+30ヤードを実現!驚異の高反発で飛ばし屋の仲間入り

講座関連記事

-ゴルフ講座, ドライバー講座

ドライバーはシャフトで変わる!ゴルフ初心者向けおすすめシャフトと選び方の基本

Copyright© ゴルフ初心者の100切り応援GOLF講座サイト-@MIKENET , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.