ゴルフ講座 パター講座

パッティング上達に効果あり!クロスハンドグリップのメリットを徹底解説

更新日:

パッティングを改善するクロスハンドグリップとは

パッティグは打ち方のスタイルも、グリップも人それぞれバリエーションがたくさんありす。

特に初心者の皆さんはパッティングの上達に頭を悩ませている方も多くおられますね。

グリーンのアンジュレーションや芝目が上りか下りかによってプレッシャーも違ってきます。

どうもパッティングが苦手でと言われる初心者は一度グリップを見直してみるのもアリですよ。

そこで今回はクロスハンドグリップを徹底解説しますので、パッティングに悩んでいる方は参考にして下さいね。

「パターに型なし」とは言えまずは基本を押さえましょう

パターに型なしと言われるようにプロや上級者でもパッティングスタイルは十人十色ですね。

身長や体格の違いもありますがドライバーやアイアンショットとは違って、構え方からグリップまで自分なりの工夫をしたスタイルが見られます。

しかしグリップや構え方は違ってもパッティングのストロークは必ず守るべき基本があります。

グリップの解説の前にまずはパッティングの基本をおさらいしておきましょう。

手首は固定する

手首のスナップを使ってボールをパチンと打つタップ式というパッティングスタイルもありますが、現在は手首を固定して真っすぐ引いて真っすぐ出すストローク式が主流です。

特に初心者は手首を使うと距離感を合わせにくく方向性も安定しません

パッティングは手首を使わない!これを常に意識するようにしましょう。

ボールの位置は左目の下へ

初心者はボールの位置を無造作に決めているようですが、ボールの位置によってパターでもダフってミスをすることがあるので毎回同じ位置にボールをセットするようにしましょう。

正しい位置はストロークの最下点になる左目の下にセットするとミスが防げて、転がりのいいボールが打てるようになりますよ。

体重移動はせず肩でストローク

パッティングはアプローチショットと同じように体重移動はせず、アドレスで作った重心をキープしながらストロークします。

テークバックからインパクトでパターのフェースがアドレスと同じ位置に戻って来るように、肩を縦に回転させるショルダーストロークで振り子のイメージでパッティングするように心がけて下さい。

▼初回3,000円でゴルフスイング診断▼
ライザップゴルフ 初回ゴルフ力診断

クロスハンドグリップのメリットは?

パッティングの基本はご理解していただけましたか?どんなスタイルでもご紹介した3つの基本を守ってパッティングして下さいね。

ここからは初心者がクロスハンドグリップに変えるメリットを解説して行きましょう。

当初は変則的なグリップだと言われていたクロスハンドグリップですが、現在ではプロや上級者はもちろんアベレージゴルファーも多くが採用しています。

特に初心者にとってはありがたいメリットばかりですよ。

パッティングの方向性がアップする

右打ちの場合左手が右手の下に来るクロスハンドグリップに構えると、腕や手首が使えないのでストロークが安定します。

ストロークが安定するとターゲットに向かって真っすぐにパターのフェースを出せるので方向性アップにつながりますね。

またパターの芯でボールを捉えやすいのでダフってショートするミスを防ぐことが出来ますよ。

両肩のラインをスクエアに構えやすい

クロスハンドグリップで構えるもうひとつのメリットは、左手を右手の下でグリップすることで両肩のラインが水平になることがあります。

パッティングは体の向きと両目を結んだライン、そして両肩のラインが水平になっていないと真っすぐにボールを打ち出すことは出来ないですね。

その点でもクロスハンドグリップは両肩のラインをターゲットに対し、スクエアに構えやすいのでターゲットに向かって真っすぐにボールを打ち出すことが出来ます

初心者にとってこれは非常にありがたいメリットであると言えますね。

右手の動きを抑えられる

一度試しにクロスハンドグリップでパッティングをしてみて下さい。

おそらく右手の自由が効かないことを実感されるはずです。

これもまたクロスハンドグリップのメリットですね。

右手の動きが抑えられるとパッティングが毎回機械的に同じ動きが出来るようになり、ストロークの再現性を高めてくれます。

そして右手の動きを抑えることでインパクトのフィーリングが良くなることも初心者にとってはクロスハンドグリップの魅力ですね。

クロスハンドグリップで距離感を養う効果的練習法

初心者にはメリットだらけのクロスハンドグリップですが、たったひとつだけ難点があるとすれば距離感がつかみにくいこと!

通常のグリップでは右打ちの場合は左手のリードに対して、右手は補助的にボールをトスするような感覚でパッティングすることが出来ますね。

ところがクロスハンドグリップは右手の動きが抑えられるため、グリップを変えた当初は距離感がつかみにくいのでこの点を克服するのは練習が必要になって来ます。

それではここからはクロスハンドグリップで距離感をつかむ具体的練習法をご紹介しますので参考にして下さいね。

ターゲットに向けて左の前腕を出す

右手を動かすことの出来ないクロスハンドグリップでの距離感は左腕の前腕外側の部分を面と考え、その面をターゲットに向けて送り出すイメージでパッティング練習をしましょう。

まずは練習マットやラウンド前のグリーンの平なところで一定の振り幅でパッティングして徐々に距離感をつかんで行きましょう。

クロスハンドグリップはストロークが安定し、ボールの直進性が増すので通常のグリップよりも早く正しい距離感をつかむことが出来ますよ

ヘッドスピードを変えずにパッティング

初心者の皆さんはパッティング練習のときパターのヘッドスピードを意識しながら練習されているでしょうか?

パッティングはストロークの安定と同じようにヘッドスピードの安定も重要な要素になります。

ヘッドスピードを変えてインパクトを力で調節している初心者を見かけますが、インパクト力で調節しようとしても毎回同じ力加減を再現するのは不可能ですね。

その結果距離や方向性にばらつきが出てパッティングがいつまでも安定しない原因になります。

クロスハンドグリップの練習ではヘッドスピードを変えずストロークの幅で調節するようにしましょう。

ポイントは一定のテンポを守ってストロークすることです。頭の中にメトロノームがあるつもりで自分なりの一定のテンポを習得して下さい。

これまでにない正確なパッティングのタッチを手にすることが出来ますよ。

1.5〜2mをひたすらパッティング

アメリカでの研究によると通常のグリップに比べクロスハンドグリップは、ショートパットの成功率が高くなるという結果が出ています

初心者にとって2m前後のショートパットの成功率が上がると、プレッシャーのかかったパーパットなど自信を持って打つことが出来ますね。

これは初心者のスコアアップには欠かせない要素ですね。クロスハンドグリップではまず一定のヘッドスピードで1.5〜2mを繰り返し練習して自信をつけることが大切です。

クロスハンドグリップをマスターしてパット数を減らせ!

クロスハンドグリップのメリットについて解説して来ましたがいかがでしたか?

国内外のトッププロに中にもクロスハンドグリップを採用しているプレイヤーは多く、現在では変則的だとは言えないくらいポピュラーなグリップになりましたね。

初心者の課題であるパッティングでの方向性を高めたい人や、ボールを右に押し出しやすい人はぜひクロスハンドグリップにチャレンジしてパット数を減らしましょう

大人気『オデッセイ』のオススメ中古パター

HOT LIST JAPAN 2017 ゴールド受賞クラブ『オデッセイ O WORKS #7』

▼スペック▼
型  名 O WORKS #7
新品価格 ¥28,000円+税
中古価格 ¥19,845円~
シャフト スチール

特殊加工されたフェース面のヒンジ部分は、浮き出た爪状のようになっており、ボールに順回転を与えることで安定したころ狩りを実現します。

ボールの回転が安定するフェーステクスチャー『オデッセイ メタル X ミルド #1』

▼スペック▼
型  名 メタル X ミルド #1
新品価格 43,200円+税
中古価格 ¥20,790
シャフト スチール

フェース面は楕円形で、摩擦係数の低い金属を使用することでインパクト時スピンを抑制し角度とボールの転がりを安定させている。 ソフトな打感で心地良いフィーリングのパッティングを実現。 ソールウェイトは340g~360gで調整可能でストロークタイプの方は重く、感覚タイプは軽くすることで調整が可能。

2種類のフェースで距離感をカスタム!『オデッセイ Flip Face iX #1』

▼スペック▼
型  名 Flip Face iX #1
新品価格 ¥39,900(税込)
中古価格 ¥14,679
シャフト スチール

2種類のフィーリングを1本のパターで実感することができるフリップ機能搭載パター。

  • Blackインサート⇒しっかり打感
  • Whiteインサート⇒ソフト打感
グリーンのコンディションに合わせてフェースを変更することができます。 フィーリングにぴったりの距離感を求めることができる日本専用モデルのパターです。

-ゴルフ講座, パター講座

パッティング上達に効果あり!クロスハンドグリップのメリットを徹底解説

Copyright© ゴルフ初心者の100切り応援GOLF講座サイト-@MIKENET , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.