ゴルフ講座 パター講座

パターは距離感がキメ手!ゴルフ初心者の距離感をつかむ5つの練習法

更新日:

パターで距離感

パッティングの上達はスコアアップに欠かせない条件ですが、ゴルフ初心者にとって一番の悩みは距離感をどう合わせるかにありますね。

ドライバーや他のクラブと違ってパターはスライスやフックに悩まされることなく簡単にボールをヒットできる反面、距離感が合わないと上手くパーオンしても上がってみれば大叩きなどということも珍しいことではありません。

そこで今回はゴルフ初心者が距離感をつかむための効果的な練習法をご紹介します。

簡単ではありませんがコツコツ練習することによって、距離感を身につけることができるのでぜひ参考にして下さい!

まずはアドレスをチェックしましょう

パッティングは他のショットより体の動きが少ないので初心者は無造作にアドレスに入ることが多く見られます。

しかし少ないからこそひとつひとつの動きを集中してていねいに行う必要があります。

特に大切なのがスタンスと体の向きです。ボールとカップを結ぶラインに対し真っ直ぐに構えていないとどんなに距離感が合っていても台無しになりますね。

アドレスではスタンスと体の向きがラインと平行かどうか、これは慎重にチェックして下さいね。

▼初回3,000円でゴルフスイング診断▼
ライザップゴルフ 初回ゴルフ力診断

距離感をやしなうのは短い距離のパッティングから

パッティングの距離感をつかむには長い距離のパットを練習すればいいと考えがちですね。

しかし初心者が最初からロングパットの練習で距離感つかもうとすると、大きくショートしたりオーバーしたりで返って距離感がつかみづらくなる恐れがあります。

まずは1mから1.5mの短い距離のパッティングを練習して、その距離感を体に覚え込ませることから始めるのが効果的です。

そしてほぼ完全にその距離感がつかめたと思ったら、徐々に距離を伸ばして行きましょう。

初心者はまず3m!この距離感をしっかりとつかむことを第一目標に練習することが必要です。

スイングは左手パッティングは右手に意識を

利き腕が右で右打ちのゴルファーはスイングで左手のリードが大切だと言われていますね。

これに対してパッティングの場合はどうでしょうか?「手でボールを転がして下さい」と言われたら右利きの人なら右手でボールを転がしますよね。

パッティングでも距離感やタッチの強さは右手でボールを転がすことを頭の中でイメージすると、距離感がつかみやすくなりますよ。

距離感をつかむ5つの練習法

ここまででパッティングにおける距離感の大切さや、転がすイメージについてはご理解いただけたと思います。

では実際に距離感をつかむために効果的な方法をご紹介して行きましょう。

自分の基本距離を把握することが第一歩です

自分の基本距離というと分かりにくいかも知れないですがやってみれば簡単です。

コースの練習グリーンなどでボールを5~6個用意して、リラックスしアドレスに入ります。

そしてそのまま狙いは定めずに自分が一番スムーズにパッティングできる振り幅でボールを打ちます。

ポイントはあくまでも力を抜いてリラックスすること。ある程度連続してボールを打ち一定の距離にボールが集まってきたらそれを歩測してみましょう。

アドレスした位置からボールまでの距離が仮に10歩なら、それがあなたのパッティングの基本距離です。

この基本距離を把握することによって実際のグリーンでも、ボールからカップまでを歩測すれば距離感がイメージしやすくなりますね。

気候や体調によっても多少の変化はありますが、この方法はスタート前の練習グリーンでその日の自分の基本距離をつかむことにも繋がるのでラウンドにも効果的です。

目を閉じたままのパッティング

これは今もプロやトップアマも取り入れているポピュラーな練習法ですが、初心者が距離感をやしなうにはかなり有効な方法です。

これくらいだと距離感が合わせにくいなと思う位置まで、カップから離れいつも通りにアドレスに入ります。

そして一度カップを見て距離をイメージしたらそのまま目を閉じてパッティングします。

最初はなかなかカップに寄らないと思いますが、繰り返し練習しているうちに徐々に距離感がつかめてきます。

パッティングは他のショットよりも個人のフィーリングに左右される要素が強いので、パッティングの感覚が磨かれ距離感をつかむことのできる一石二鳥の練習法です。

ぜひ試してみて下さい。続けることで距離感を手にすることができますよ。

グリップを意識したパッティング

パッティングに限らずすべてのショットでグリップは重要なポイントになりますね。

グリップを少し変えるだけで体の動きが変わり球筋まで変わってしまうこともよくありますね。

パッティングでもどうも距離感が合わないなと感じたら、一度自分のグリップをチェックすることをおすすめします。

それまではグリップで力が入りすぎだったのを、少し緩くしただけで距離感が改善されたということもよくあることです。

ショットとは違ってパッティングではグリップの強弱をあまり気にしないゴルファーが多いようですが、初心者の頃から自分が一番スムーズにパッティングできる握りの強さを意識するようにしましょう。

ボールを見ないでカップを見てパッティング

これも多くのゴルファーが実践している練習法ですが、ボールを見ないでカップを見てパッティングします。

この練習法の利点はカップまでの距離のイメージが、実際にカップを見ることでより明確になるところにあります。

特に初心者の場合カップまでの距離を、しっかりと頭の中でイメージすることは難しいですよね。

しかしカップを見ながらのパッティングは、距離がより明確になるので迷いなくストロークすることができます。

その点では有効な練習法だと言えますが、注意したいのがを初心者は毎回パターの芯でボールを捉えているかという問題がありますね。

芯で捉えた場合と芯を外した場合ではボールの転がりが違ってくるので、パッティングの距離にばらつきが出てきます。

距離感をやしなうためには有効な練習法ですが、初心者は確実にパターの芯を捉えられるようになってから、次のステップとして取り入れると効果を発揮する練習法ですね。

手首よりも腕全体でパッティング

パッティングには手首を固定して腕全体でボールを打つストローク式と、手首を使ってパチンと弾くようにボールを打つタップ式のふたつに分類されます。

タップ式はストローク式よりもボールの勢いが強いので、芝目の影響を受けにくいという利点があります。

しかしフィーリングでパッティングのタッチを合わせる打ち方なので、距離感に不安のある初心者にとっては再現性の高いパッティングスタイルだと言えないところも多くあります。

それに比べストローク式は手首を使わず、腕全体で真っ直ぐ押し出すようなスタイルなのでタップ式よりも距離感をつかみやすく初心者向きのパッティングスタイルだと言えますね。

打った回数がパット成功率を上げる

筆者はよくゴルフ初心者にボールに当てに行かずクラブを振り抜くことを意識して下さいとアドバイスします。

筆者自身もそうでしたが多くの初心者はクラブがボールの当たるのかが不安で、振ることよりも当てることに意識が向きがちになりますね。

上級者ゴルファーは「初心者はボールを打てば打つほど下手になる」と言いますが、これはボールに当てることばかりに集中しクラブを振り抜くことを忘れていつまでも正しいスイング作りができないことを指しています。

ところが逆に「パッティングは練習すればするほど上手くなる」口を揃えてそう言われます。

初心者にはパットが苦手なゴルファーが多いですが、やはりその理由は練習不足によるものです。

パットの練習は単調で飽きやすく上達するまで時間が掛かるものですが、根気よく続けていけば必ず距離感をモノにでき上達します。

今回ご紹介した練習法でコツコツを上達の階段を一歩ずつ昇って行きましょう!

大人気『オデッセイ』のオススメ中古パター

HOT LIST JAPAN 2017 ゴールド受賞クラブ『オデッセイ O WORKS #7』

▼スペック▼
型  名 O WORKS #7
新品価格 ¥28,000円+税
中古価格 ¥19,845円~
シャフト スチール

特殊加工されたフェース面のヒンジ部分は、浮き出た爪状のようになっており、ボールに順回転を与えることで安定したころ狩りを実現します。

ボールの回転が安定するフェーステクスチャー『オデッセイ メタル X ミルド #1』

▼スペック▼
型  名 メタル X ミルド #1
新品価格 43,200円+税
中古価格 ¥20,790
シャフト スチール

フェース面は楕円形で、摩擦係数の低い金属を使用することでインパクト時スピンを抑制し角度とボールの転がりを安定させている。 ソフトな打感で心地良いフィーリングのパッティングを実現。 ソールウェイトは340g~360gで調整可能でストロークタイプの方は重く、感覚タイプは軽くすることで調整が可能。

2種類のフェースで距離感をカスタム!『オデッセイ Flip Face iX #1』

▼スペック▼
型  名 Flip Face iX #1
新品価格 ¥39,900(税込)
中古価格 ¥14,679
シャフト スチール

2種類のフィーリングを1本のパターで実感することができるフリップ機能搭載パター。

  • Blackインサート⇒しっかり打感
  • Whiteインサート⇒ソフト打感
グリーンのコンディションに合わせてフェースを変更することができます。 フィーリングにぴったりの距離感を求めることができる日本専用モデルのパターです。

-ゴルフ講座, パター講座

パターは距離感がキメ手!ゴルフ初心者の距離感をつかむ5つの練習法

Copyright© ゴルフ初心者の100切り応援GOLF講座サイト-@MIKENET , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.