ゴルフ初心者の100切りを応援!練習講座で差をつけよう!

ゴルフ初心者の100切り応援GOLF講座サイト-@MIKENET

ショートアイアン上達法

アイアン講座 ゴルフ講座

100切りには不可欠!初心者のためのショートアイアン上達法

更新日:

ドライバーでナイスショットを連発しても、100ヤード以内のショットが不安定ではスコアメイクにならないですね。

特に初心者の場合スコアに直結するショートアイアンの上達が必須です。

そこで今回はスコアアップを目指す初心者のためのショートアイアン上達法について解説して行きます。

スコアメイクに役立てて下さいね。

100切りに欠かせないのがショートアイアン

初心者にとって100切りは最初の大きな目標ですね。そして100切りのために大きな役割を果たすのがショートアイアンです。

グリーンまでの100ヤードの精度を上げると100切りの可能性は今よりも高くなります。

ドライバーよりもショートアイアンの練習により時間をかけることが大切ですよ。

用途の広さもショートアイアンの特徴です

ここで実際のラウンドでショートアイアンを使う場面を思い浮かべてみて下さい。

100ヤード前後のショットはもちろん高い球筋を打つ必要があるときやラフにボールが入ったとき、そしてグリーン周りのアプローチまで。

ショートアイアンは用途が広くコースで使う頻度の高いクラブです。そうなるとショートアイアンの上達がスコアアップに欠かせない要素にと言えますね。

ショートアイアンが上達するとゴルフが楽しくなります

ショートアイアンはピンを狙って行くクラブです。そう考えるとショートアイアンが上達すればスコアは必然的にアップしますね。

初心者にとってスコアが上がって行くとプレーする楽しみも増えます。エンジョイゴルフはショートアイアンの上達からですよ。

いつもと同じスイングを心がけましょう

ドライバーでナイスショットしてグリーンまでショートアイアンの距離、このショットが上手く行ったらパーを取るチャンス!

ところが勢い込んで打ったショートアイアンがミスショット、初心者にありがちなことですね。

ショートアイアンはピンを狙っていくクラブなので、ピンに寄せてやろうとすると力んでスイングが崩れてしまいます。

グリーンが近くなると初心者は力が入ってミスが多くなります。ショートアイアンは難しいクラブではないのでそんな状況をときほど冷静にいつも通りのスイングを心がけましょう。

ショートアイアン上達のポイントは?

クラブは長いほど難易度が高くなります。それでもショートアイアンのミスが多いのは心理的影響が作用するのが原因です。

そんなとき気をつけるべきポイントを理解していると、ミスショットも確実に減ってきますね。

コースではもちろん練習でもチェックポイントを意識しながらスイングすることが上達の近道になりますよ。

アドレスでの体の位置をキープしましょう

クラブが短くなると体とボールの距離も近くなり、アドレスでのクラブの角度が垂直に近くなりますね。

そこで注意したいのはアドレスでの体の前傾をスイング中もキープすることです。ボールの方向を早く確認したいとインパクトで体が伸び上がるとスイング軌道がブレてダフリやトップのミスを誘発します。

ショートアイアンの上達はアドレスでの体の位置をキープすることが重要です。

ダウンブローを意識しすぎない

ショートアイアンはダウンブローを意識して打つとよく言われますね。でもその前に少し考えてみましょう。

クラブは短くなるにつれてスイング軌道が横から縦へと変化します。つまり普通に打ってもクラブフェースは長いクラブよりも鋭角的に入るということですね。

初心者がショートアイアンでダフリのミスが多いのは、ダウンブローを意識しすぎているのも大きな原因のひとつです。

常に同じリズムで同じスイングをするとミスは減りますよ。

ボールの位置も重要です

ショートアイアンはボールの位置によってもミスが軽減できます。まずはスタンスして両足の真ん中に置いて体の軸を意識しながらスイングして下さい。

違和感なくスイングできればそれがあなたに合ったボールの位置ですが、少し打ちづらいなと感じたら左右にボール半個分ずらし、自分のスイングに合ったボールの位置を見つけましょう。

ここでのポイントはグリップの位置です。グリップを下半身の真ん中でグリップするとショートアイアンはスイング軌道がブレやすくなります。

ショートアイアンのグリップ位置は左太ももの内側、このアドレスでボールの位置を調整して下さい。

ショートアイアンが劇的に上達する練習法

初心者はドライバーやミドルアイアンを中心に練習することが多く、スコアに直結するショートアイアンの練習に時間を割いている方は少ないようですね。

しかしスコアアップにはショートアイアンの上達は欠かせない要素です。ここからはショートアイアンをレベルアップさせる練習法をご紹介します。

続けることによってスイングが劇的に変化しますよ。

高いティーアップでボールをクリーンに捉える

8番アイアンか9番アイアンでドライバーと同じ高さにティーアップしたボールを打つ練習です。

ティーアップしているからマットから直接打つよりも易しいと思っていませんか?

実際に打ってみると分かりますがティーアップして打つ方がショットとしての難易度は高いんですよ。

スイング軌道が安定していないとインパクトでボールの上を打ってトップしたり、ティーを叩いてボールの飛びが悪くなったりします。

ボールだけをクリーンに打つのはかなり難しく時間はかかりますが、この練習を繰り返すことによってミート率がアップし方向性も安定します。

最初は上手く打つことができなくても焦らずにコツコツと練習して下さい。必ず成果が上がりますよ。

スイングの振り幅を変えてボールを打つ

ショートアイアンは基本的にフルショットするクラブではありません。いかに狙ったゾーンにボールを運んでやるかが大切ですね。

そのためにはスイングを安定させクラブの芯でボールを捉える必要があります。その点で効果を発揮するのがスイングの振り幅を変えてボールを打つ練習です。

いつも通りにアドレスしバックスイングとフォローを腰の高さ合わせ、50%の力でボールを打ちましょう。

ポイントは体の軸を意識すること体重移動をできるだけ抑えることです。

腰の高さに合わせる振り幅は「ビジネスゾーン」と言われるくらいスイングの重要なポジションです。まずはこのゾーンをしっかり練習することが肝心です。

ビジネスゾーンが安定してきたら次に振り幅を肩の高さまで上げてスイングして下さい。

ここでは体重移動をしっかりと意識してスイングを行なうことが大切なポイントです。

またスイングの強さを変えながらボールを打ってみるのも有効ですね。初心者はスイングの振り幅が大きくなると軌道がブレやすいので、スイングリズムを意識して力まないようにしましょう。

べた足でスイングしてみる

3つ目の練習はショートアイアンでのダフリを防ぐ練習です。

ダフリの主な原因のひとつにダウンスイングからインパクトで、体が伸び上がってクラブがボールに届かず手前を叩いてしまうことがあります。

これを防ぐために有効な練習がダウンスイングからフォローまで、右足のかかとを上げないべた足でのスイングです。

ここで注意したいのはべた足でスイングすると、体の捻転を忘れ手打ちのスイングにならないようにすることです。

この練習によって体の伸び上がりが矯正され軸が保て、正しいスイング軌道が描くことができショートアイアンでのショットの安定を得ることができます

まとめ

グリーンまで残り100ヤードからがゴルフのスコアメイクにとってもっとも重要ですね。

またショートアイアンが安定すると他のクラブもレベルアップします。ご紹介した練習法を参考にして上達につなげて下さいね。

講座関連記事

-アイアン講座, ゴルフ講座

100切りには不可欠!初心者のためのショートアイアン上達法

Copyright© ゴルフ初心者の100切り応援GOLF講座サイト-@MIKENET , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.